FC2ブログ

「るろうに剣心 京都大火編」 

 久しぶりに映画館に行きました。
 「グランドイリュージョン」ぶり?

 先日、部屋を掃除していたら引き出しから昔の映画の半券が沢山出て来て、手帳に閉じていたら9割以上が2009年のものでした。
 この年は映画が豊作だったんだなぁと思いつつ、経済的にも余裕があったんだなぁとちょっと哀しくなってみたり。
 やっぱり、時間だけあっても充実はしないんだなと再認識。
 また嫌な吐き気に襲われそうです。


 で、見てきた「るろうに剣心 京都大火編」。
 キャストからして非常に楽しみにしてました。
 前作蒼紫が出て来なかったのを今回出してどうまとめるんだろうとか、漫画の京都編も結構長丁場だったけどそれをどう構成するんだろうとか。
 原作を知っている映画はそんなところを主に見てます。
 前回も書いた気がするけど、原作のなぞりを見に行ってるわけではないので。

 まだ前編ですけど、巧くまとめてきたなぁと思います。
 シーンのメリハリが緩いなあというのは相変わらずでしたが。
 所々原作をなぞったアングルのシーンがあってわくわくしました。大久保利通暗殺シーンなんか特に。縮地をどう表現するのかと思ってましたが、無理のないスピード感で良かったですね。

 本編139分。
 長いようなあっという間のような。
 きっと、長く感じた部分があるのは両脇の人が良くなかったからだと思う。
 左隣はキツイ香水。右隣は席を立ったりコーラ啜ったりケータイをちらちら見たり。
 ここまで来るとマナー違反だよね。
 映画に集中して全編見られることが最近少ないよ。
 時間潰しなら他所でやって欲しい。

 後編の公開は9/13。
 決戦盛りだくさんだろうから今から楽しみです。
スポンサーサイト